ニキビは保湿ケアが大切!

お肌のバリア機能を高めるためには、保湿が最重要となります。
機能が低下している状態とはつまりお肌が乾燥しやすく、また外部からの刺激に弱い状態を意味しているわけですが、これらを体の内側から改善するとなると、生活習慣の見直しが必要になりますし、また一朝一夕で劇的に改善されるわけではありません。
損なわれている機能を保湿ケアによって一時的に補てんして、その間に内側から少しずつ変化させていく、これが理想のケアとなります。

女の子保湿ケアを行う際のポイントは、水分を与えた直後に保湿クリームを塗るということです。
お肌の水分は短時間にすぐに損なわれてしまうもの。
お肌は洗顔をした後3分もすると、洗顔前よりも水分量が減ってしまい乾燥してしまいます。
これがいわゆる過乾燥状態です。
過乾燥状態のお肌に保湿ケアを行っても効果を最大限に引き出すことができませんので、保湿クリームの力をしっかりと使いきるためにも、洗顔直後に保湿ケアを行う必要があります
入浴後や洗顔後に時間を経てからケアをしたいという場合には化粧水を上手に活用して、水分を与えてからすぐに保湿ケアを行うようにしてください。
化粧水、美容液、乳液の順番でしっかりと水分をお肌に残していきましょう。